久しぶりの手作りお菓子は、メダルクッキー

 お菓子作りはとんとご無沙汰だったが、2月の大文字駅伝のときに久しぶりにクッキーを焼いた。
 駅伝に出場したメンバーに、「お疲れさま」の気持ちを込めて、メダルクッキーを差し入れしようと思ったのだ。
 メダル型の丸いクッキーに穴を開けて、ひもを通し、首から下げられるようなものを考えていた。渡すまでに割れてしまわないように、バターの少ない固めのクッキーがいい。材料を混ぜて、生地を作り、丸く型抜きする。別に抹茶を混ぜた生地で、小学校名のイニシャル「M」を作り、メダル生地の上にのせて。菜箸で突いて、ひもを通す穴を開けて…。と、思いつきでやってみたのだが、どうもうまくいかない。
 結局、抹茶生地も混ぜてしまい、マーブル模様に。穴がうまく開けられないので、大きな穴の開いたドーナツ用の型で抜いて、リング状のクッキーになってしまった。
 どう見てもメダルに見えないクッキーだが、ひもを通し、ラッピングして、学校名を袋の上から貼って終了。
 全部準備が整った時点で、ふと気になった。メダルクッキーなんて、幼稚やろか…。もう小学校6年生だし、160cm超えてる男の子もいるのに…。
 でも、作ってしまったんだし、とりあえず渡そう。そう決めて、大文字駅伝当日、何区間かで息子を含む子どもたちを応援したあと、ゴール会場の岡崎公園へ向かった。
 先生に子どもたちを集めてもらって、一人一人「お疲れさん」とメダルクッキーを首にかけてやった。女の子たちが、「わー、うれしい」「早く食べた~い」と喜んでくれたので、ほっとした。さすがに男の子たちは無表情だったが。
 息子の話では、学校へ帰ってから、先生たちと一緒にホットティーを飲み、お菓子を食べながらのお疲れ様茶話会が催されたらしい。そのとき、みんなで食べてくれたそうだ。
 走ったあとって、無性に甘いもんが食べたくなるもんなぁ。私は、帰ってまずはビール飲んだけど。
d0182852_176413.jpg


 
[PR]
by dodo-55 | 2013-03-15 16:07 | お菓子


<< おやつにもおつまみにも!「まご... 鬼が来た! >>