本は交流のツールになる! モクモク全国食育交流フォーラム2015

 今年も、「モクモク全国食育交流フォーラム」に参加してきた。
 フォーラムは今年で5回目。私は昨年だけ参加できず、今年で4回目の参加。
 今年のテーマは、「食育 meet Books! ~おいしい読書で世界を広げよう~」。本という2次元の世界のことを、仲間と一緒に「ならう」「やってみる」「体感する」。本では読み切れない世界の深さを、ともに感じ、深め、自らの糧にするのが、今回のコンセプト。

 参加者はそれぞれ「食」に関する本やマンガを1~2冊持って参加。開会直後のオリエンテーションでは、3~4人のグループに分かれ、自己紹介を兼ねて持ち寄った本の紹介をし合う。全員終わったら、またメンバーを入れ替え、これを3回ほど繰り返した。

 「食」に関する本なら、いっぱい持っている。1冊選ぶのに苦労するところだが、今回は迷わず『子どもクッキング 自分でつくるカンタンごはん』(鎌田早紀子・メディアイランド)を持参。それとマンガの『玄米せんせいの弁当箱』(魚戸おさむ・ビッグコミックス)を。

 どんな本が集まるのか興味深々で楽しみだった反面、どの本も気になって買ってしまいそうな予感がしており、非常に危険な企画だと思っていた。
 自己紹介が始まると、予想以上の楽しさで、ワクワク感が止まらない。自己紹介タイムで話せなかった人にも、声をかけ、本の写真を撮らせてもらった。

 「これ、これ。読みたいと思ってた」本。「これ私も読んだよ」の本。見てすぐ、「これ買いたい!」と反応した本。レシピ本、パンの本、お弁当の本、お肉の本。「これも食べ物?」の虫や毒草の本。エッセー、写真集。ほんとに個性豊かな「食」の本の数々。
 その一部をご紹介。 
 悪い予感は的中して、実はもうすでに買ってしまった本も…。
  
d0182852_10442845.jpg
d0182852_10444717.jpg

d0182852_10471850.jpgd0182852_1135325.jpg
d0182852_1153937.jpg
d0182852_1155855.jpgd0182852_116193.jpgd0182852_1164013.jpg
d0182852_11111119.jpg
d0182852_11113198.jpg
d0182852_11115262.jpg

d0182852_11212365.jpg
d0182852_11215440.jpgd0182852_11221120.jpg
d0182852_11275022.jpg

d0182852_11282292.jpgd0182852_11284093.jpg
d0182852_11295516.jpg
d0182852_1136784.jpg
d0182852_11391199.jpgd0182852_11364325.jpgd0182852_11365763.jpgd0182852_1138326.jpgd0182852_11381923.jpgd0182852_11392683.jpgd0182852_1140712.jpgd0182852_11402347.jpgd0182852_1140537.jpgd0182852_1141840.jpg
[PR]
by dodo-55 | 2015-03-04 11:55 | 食育


<< 野菜バンザイ! おしゃれなジャ... お弁当のはなし(1) >>