カテゴリ:悪ガキ( 6 )

中学生男子のおやつは、米・粉・イモ

 土曜・日曜の部活が午前中や午後の早い時間で終わったとき、中学生の息子の友達がどやどやと遊びに来ることがある。
 5~8人がリビングに集まって、ゲームをしているだけなのだが、男子ばかりなので何とも暑苦しい。小学生のときは、玄関に並ぶ靴もかわいらしかったが、今はみんな足がでかい! 外出先から帰ってきたら、もう私の靴をぬぐ場所もない。
 こんな中学生男子は、いつもお腹をすかせている。私が家にいるときは、なるべくおやつを出すようにしているが、小学生のときのようにスナック菓子ではおっつかない。中学生男子には、「米・イモ・粉」が必須。
 たとえば、ある日はひたすらジャガイモを刻む。トントン、トントンとみじん切りに。塩・コショウして、片栗粉少々を混ぜ、バターで焼けば「ハッシュドポテト」。
d0182852_11324998.jpg

 この4つ目のパーティーパンが大活躍。上からギュっと押さえる丸いプレスごてのようなのや、細いフライパン返しも備品でついている。丸い形に両面こんがり焼けるし、1人分ずつ食べやすい大きさなのがいい。これで焼きおにぎりやホットケーキも焼く。
 ホットケーキミックスも常備。抹茶を加えたり、牛乳のかわりにオレンジジュースを混ぜたり、焼きりんごや小豆を入れたり、バリエーションも増えてきた。

 ある日は、「てんてら焼き」。これは京都北部のおやつだそうで、息子が通っていた保育園の給食の先生に教えていただいたレシピ。小麦粉・砂糖・塩・ベーキングパウダー・水を混ぜてこねた生地で、サツマイモあんを包んで、ホットプレートで焼くだけ。
d0182852_2151331.jpg

両面うっすら焦げ目がついたところで、アツアツを出す。

 ほかには、ニラだけ入れたチジミとか、すりおろしたジャガイモを混ぜたお好み焼きとか。薄く切ったサツマイモをフライパンで焼いただけのものとか。とにかく、お腹のふくれるものを出すようにしてる。冬は寒いので温かいコーヒーミルクやココアを付けて。
 5~8人分用意するのに、だいたい20~30分ほどかかるけれど、出したとたんワッと手がのびて、完食までほとんど30秒。
 これだけ食べても、5時になったら全員で帰りがてら、近くのコンビニや駄菓子屋のような店に寄って、また何か食べるらしい。息子も自転車でついて行って、から揚げなどを食べ帰ってくる。そして、晩御飯もしっかり食べるのだ。

 ほんまにどんだけ食べんねん。まぁ、みんな運動してるし、食べ盛りだし、いいか~。
 私は何より、旨い旨いって食べてくれる姿を見るのが好きなのだ。


 
 
[PR]
by dodo-55 | 2014-02-06 22:13 | 悪ガキ

5・7・5・7・7から見える子どもたちの夏

 夏休み明けの自由参観の日。2時間目の授業参観に行ってきた。
 9月といっても残暑厳しく、4年生たちがプールに入っているのが、うらやましく思ったほど。
 息子の教室は社会で歴史の授業。参勤交代について習っていた。教室の後ろに、子どもたちの作った短歌が張ってあり、面白くて思わず書き留めた。
 お題は「楽しみ」。あとで息子に聞くと「楽しみは」で始まり、「…とき」で終わるように作ったらしい。

 楽しみは汗だくになり家帰りキンキンに冷えたアイス食ふとき
  (女の子らしい一首。わかるわかるその気持ち。でも、私ならビールかな~)

 楽しみは自分の部屋でゆっくりと買ったばかりの本を読むとき
  (本好きの男の子かな? この気持ちもわかるわ~)

 楽しみは家に帰ってクーラーをつけてソファーでテレビ見るとき
  (よく似たのがうちにも居るわ。同じような歌がほかにもあって、「ソファー」→「ベット」、「テレビ見るとき」→「ゲームするとき」に変えただけのものもいくつかあった。すべて男の子の歌)

 楽しみは今日のご飯が焼肉でご飯いっぱい食べられるとき
  (これが、息子の歌。やっぱり、食べ物ネタでした。学校での楽しみは「給食」と「体育」だそうだから、予想はしていたが…)

 おそらくみんな、パパッと思いついたことを詠んだのだろうな。今どきの子どもの生活が出てておもしろい。
d0182852_21391595.jpg

 コンビニで買ったアイス。アイスが「おやつ」なのはわかるけど、「朝食」って? いくら、コーンフレーク入りだといっても…。朝食代わりにアイスを食べる女子大生がいると聞いたことがあるけど、これはアカンやろ~。
[PR]
by dodo-55 | 2012-09-06 21:51 | 悪ガキ

サンタさん、さようなら

今年もアメリカから妹一家が帰国。妹の子どもたちがアメリカでクリスマスにもらった“お菓子の家”を、お土産代わりに息子にくれた。友達のお母さんの手作りだそう。
d0182852_21202819.jpg

セロファンでラッピングして、きれいなリボンでくくってあった。クリスマスツリーのオーナメントにもできるらしい。姪っ子の名前入りだが、まだ2歳で食べられないので、息子にくれたというわけ。包みを取ると、ふわりとシナモンのような香りが。クッキー生地に香辛料を入れて焼いてあるらしい。可愛いし、おいしそう。

クリスマスといえば、やっと我が家にもサンタさんが来なくなった。
今年の夏ごろだったか、息子が突然、「母ちゃん。サンタさんは、母ちゃんなん?」と聞いてきた。「そやで。やっと気づいたか」と即答した私。毎年、欲しいものを聞き出し、クリスマスまでにこっそりプレゼントを買ってきて隠し、当日、息子が寝入るまで待ってから枕元に置く一連の作業が大変で、いい加減早くバレてくれ~と思っていたのだ。かと言って、こちらからバラすのもなんとなく気がひけて、学校で友達が「サンタなんかいいひんで」と、真実をしゃべってくれないかぁと他力本願の数年であった。

d0182852_21404481.jpg

こんな手紙(これは8歳のときのもの)と一緒に牛乳を入れたカップとクッキーが置いてあり、わざとクッキーをかじり、牛乳を飲んでおいた日もあったなぁ。
d0182852_2152464.jpg

これは昨年の手紙。まぁ、手紙に書いてある通りのプレゼントは、ほとんどもらえなかったわけだが。
それでも喜んでくれそうなものを毎年考えるのは、結構しんどかった。
子どもたちには楽しいイベント続きの年の瀬だが、大人にとっては仕事も追い込みだし、あれやこれやと忙しい時期なので、一つ大仕事が減ってやれやれだ。
でも、ちょっとさみしいような気も…。
[PR]
by dodo-55 | 2011-12-31 21:56 | 悪ガキ

ポンジュースの法則・ケーニヒスクローネの法則

息子の発見。
「犬を散歩させてるおばぁちゃんって、みんなポンジュースの入れ物持ってはるで」。

野球の練習に行くとき、犬連れのお年寄が二人、道で立ち話をしていたらしい。
見ると、二人とも手にポンジュースのペットボトル。中身はジュースではなく水で、連れている犬が道でおしっこをしたとき流すためらしい。
たまたまか…と思っていたら、二人とは別のおばぁちゃんが犬の散歩をさせているのを見たとき、その人もポンジュースのペットボトルを持っていたのだそうだ。

何で、ポンジュース? お年寄はお茶は家で沸かすだろうし、ペットボトルの飲み物はそんなに買うこともないだろう。でも、ポンジュースは買う?みかん100%だから?

息子いわく「みんな景品か何かでもらわはったんとちゃうか」。

そういえば、うちの近所では、上賀茂から振り売りのおばちゃんが軽トラで来ると、母をはじめ野菜を買いに出る人たちはみんな、ケーニヒスクローネの袋を持って集まるのだ。
「袋、そろえてんの?」
「隣のおばぁちゃんが、ここのお菓子をみんなにくれはったしや」と母。ビニール製で大きめだからちょうどいいのだそうだ。

高級スーパー・紀ノ国屋の店名入りのショッピングバッグは、一種のステータスシンボルになっているようだが、それとはまたちがうよなぁ。
d0182852_1052303.jpg

 この夏、よく食べた551のアイスキャンディーの袋。地味だが、描いてみると結構おもしろい。これは抹茶味。マンゴー、あずき、ミルク、フルーツなど、中身によって袋の色もちがう。
[PR]
by dodo-55 | 2011-09-26 21:57 | 悪ガキ

男の子たち

「ただいま~!6人ぐらい来るし~」。学校から帰った息子が、階下で叫ぶ。
すぐに「こんにちは~」と何人かの声がして、男の子たちの声がにぎやかに聞こえ出す。
時計を見ればちょうど3時。仕事の手を止めて、2階から台所へ下りる。
すでに母がポップコーンを作ってくれていた。ちょうど大き目の鉄鍋にバターとコーンを入れてふたをしたところ。しばらくすると、ポンッポンッとはじける音とともに、香ばしいバターの香りが漂いはじめた。
「あっ。ポップコーンのにおい!」ゲームをしながら、匂いに気づいた子がひとり。
できたてのアツアツに塩をかけて大皿にのせて運んでいくと、7人の手がいっせいにのび、あっという間になくなった。

さて、今度は私の番。押入れからたこ焼き器を出して、コンロにのせる。
タコはないから、あり合わせのもので。ベーコン、もち、チーズを小さく切って入れる。焼けたら、ソースをぬって、青海苔かけて。
「はい、どうぞ」「わ~っ。たこ焼き?」「ちがう。タコは入ってへんから、ただの『焼き』やで」
「焼き、いただきま~す」
リビングは広いのに、せまいソファにぎゅうぎゅう詰めに座った男の子たちがゲームをしたり、マンガを読んだり。その手が一斉にたこ焼きならぬ「焼き」に集中。これまた、あっという間になくなった。
1時間ほどポケモンに興じていた7人は、その後鴨川へ遊びに出て行った。

5時を回って、息子が一人で帰ってきた。私の仕事部屋へ入るなり、「母ちゃん、見て」。全身枯れ草まみれ。
うわぁ~。そんなんで部屋に入らんといて! なんでよりによって白いセーターを着てる日に…。
d0182852_2053669.jpg

草むらをころげまわったり、くっつき虫をいっぱい集めて、敵味方に分かれて投げあい、どれだけ相手にくっつけるかの競争をしたらしい。
「とりあえず、そのセーター早よ脱いで!」。受け取ったセーターは枯れ草だらけ。はたいても取れないので、一つ一つ指でつまんで取るしかない。
d0182852_2013480.jpg 
背中に一つ、戦いのなごりが…。
家に帰ったほかの6人には何個残っていたかな?
[PR]
by dodo-55 | 2010-11-20 21:32 | 悪ガキ

いい問題

お風呂に入っているとき、息子が「母ちゃん、クイズやろう」と言い出すことがよくある。
息子が出す問題は、たいていプロ野球選手か、好きなアニメやお笑い関係のものが多い。

昨晩の問題はなかなかの難問だった。
問題:次の4つの家族のうち、家が持ち家でないのはどれか?
   1.ドラえもん 2.ちびまるこちゃん 3.サザエさん 4.クレヨンしんちゃん

4のしんちゃんは、持ち家のはず。
妹のヒマワリが生まれる前は、アパートに住んでいた。
家を買う場面がマンガの単行本に出てきたので、現在テレビ放映中のしんちゃんが住んでいる1軒家は持ち家だ。

残る3つも1軒家だが、持ち家でないのはどれ?
2のまるこちゃんも、3のサザエさんもおじいちゃんが居るし、たぶん持ち家だろう。
…ということは、1のドラえもん?

勘で答えたら正解だった。で、根拠は?
「マンガの中で、のび太のお母さんが『早く自分の家を持ちたいわ』て言うてはったから」だそう。

う~ん。どうなんかなぁ。ドラえもん(のび太)の家は借家?
そういえば、昔は1軒家でも持ち家ではなく、何十年も住んでいる借家が結構多かった。
値段も借りた当時のまま、ほとんど据え置きで。
私の祖母の家も、その周り一帯の家もそうだった。

まるちゃんもサザエさんも、描かれているのは何十年も前の時代だから、借家ってこともありうる。
正解は謎だ。それにしてもこれは、深い、いい問題だ。
よく、こんな問題思いついたなぁ。

ちなみに、問題ののび太のお母さんのセリフは、家にあるマンガ本の中にちゃんと出ていた。

のび太母「また家賃があがったのよ。早く自分の家を持ちたいわ」
のび太父「ゆめだよ。こう土地が値上がりしちゃ…」
のび太母「ほんと…」
  (「ドラえもん・恐怖編」小学館コロコロ文庫の「ひろびろ日本」より)
[PR]
by dodo-55 | 2010-10-19 09:53 | 悪ガキ