カテゴリ:買い物( 5 )

コイツと目が合って

 大学での取材を終えての帰り道。裏門を出て数100mほど行ったところの家の前で、立ち止まった。その家の古い木枠の窓に、ソイツはいた。青いの白いのピンクのと、3体の天使が飾ってあった。天使と思ったのは、クリスマスシーズンだからかもしれない。サテン地の光る服をきて、どんぐりのような帽子をかぶり、ぷっくりと太ったおばさん体型なソイツら。でも、妙にかわいくて、見入ってしまった。
 
 細い筋の角の家だったのだが、家の入口側にまわってみると、看板が出ている。普通の家だと思っていたら、どうやらお店のようだ。入口の横にも大きな窓があり、中のようすが見える。アンティークっぽいアクセサリーや暖かそうなウールの手袋や靴下が並んでいる。よく通る道だけど、こんなところにお店なんてあったっけ? 営業してるの?

 ドアの張り紙を見ると、「18日~25日プレオープン。正式には1月8日にオープンします」と書いてある。ドアを開けて、「見せてもらってもいいですか?」と声をかけると、店内にいた女性が「どうぞ。昨日オープンしたばかりなんです」。聞けば、ヨーロッパのアンティークを中心に、古いモノでないのは、外国の作家さんの手作り品ばかりだそう。きれいな色のウールの靴下やショール、かわいいブローチやピアス、リネンのランチョンマットやアンティークの陶器や琺瑯の食器、手作り石鹸などなど、実用的でよそでは見かけない一点ものばかり。

ゆっくり、じっくり商品を見せてもらって、1点1点のストーリーを聞かせてもらって、すっかりお店が気に入ってしまった。そして購入したのが、コイツ。ルーマニア(だったかな?)の子ども(障がい者施設の)の手作りだそう。色は4色あって、微妙に顔がちがう。結局“目が合った”コイツをもらうことにした。
d0182852_16145790.jpg

それから、ピアス。これは素敵なのがありすぎて、迷いに迷ってコレにした。
d0182852_16161913.jpg

でもほかのも捨てがたい。今度来たとき、絶対にほかのもほしい!

 素敵な店だけど、住宅街にひっそりとあるし、なかなか気づいてもらえないだろうな。
店名はマール。ドイツ語で1回、2回の「回」を意味するらしい。日本語の「丸」にも通じるので、開店前から店の名前はこれに決めていたそう。
 店に入った瞬間、友人が絶対に気に入りそう…と思ってしまった。早く教えてあげないと。でもまだ、プレオープン中なので、ショップカードも何もできていないそうで、場所の説明が難しい。お店の人は「隠れ家みたいな感じでやりたい」と言ったけど、「隠れ家というより、完全に隠れてますよね?」(笑)と言ってしまった。
 私は写真が得意ではないので、友人に早く来てもらって、ブログでアップしてもらおう…とひそかに思っているところ。
[PR]
by dodo-55 | 2012-12-20 16:06 | 買い物

1000円でズバリ買いましょう。

 息子の所属する学童野球チームで、ボーリング大会&食事会をすることになった。子どもたちには参加賞として1000円相当の景品を渡すので、保護者が手分けして買い出しに行くことになった。
 地蔵盆のときにもらうようなおやつの詰め合わせにはもう飽きているようだし、1000円となると予算的にももう少しましなものが買えそう。と思っていたのだが、実際に買いに行くと1000円分というのもなかなか難しい。
 渡す相手は小学校3年生~6年生の男の子。女の子なら、雑貨や文具のかわいいのやお菓子で喜びそうだが、男の子はそうはいかない。スポーツ用品は結構値段が高い。タオル1枚でも予算オーバー。袋に1品よりは、いろいろ入っていた方が楽しいだろうし…と考えていると、なかなか決まらない。
 苦心の末、選んだのは「北海道展バージョン」(JR伊勢丹でちょうど北海道展をやっていたので)
d0182852_17473786.jpg

「実用的なものちょこちょこバージョン」(取材の合間に、思いつきで実用的なものを)
1000円にはちょっと足らなかったので、果物店でミカン(1個20円)を買い、不足分を補った。
d0182852_17475895.jpg

「ステーショナリーバージョン」(以前取材した雑貨店がおもしろかったので)
d0182852_17481316.jpg

趣味に合わず使われないで残るものより、必ず使うものや食べてなくなるものの方がいいだろうと考えてしまうのは主婦的考え? 結局、子どもの好き嫌いまでは考えていられないのだ。楽しいような、疲れるような、買い物だった。それにしても、1000円×6人分の6000円予算で5994円の買い物とは、「ジャスト賞」をもらえるかな~。
[PR]
by dodo-55 | 2012-11-05 17:48 | 買い物

裁縫セット

五年生から始まる家庭科の授業で使うため、裁縫セットを購入することになった。
息子が学校からもらってきた「さいほうセット」の申込み用紙には、絵の具セットや習字セットと同じような、ちゃらちゃらしたキャラクターっぽいカバンのオンパレード。今どきのはこんなんばっかりかい!と、言いたくなる。
d0182852_9321598.jpg

裁縫セットは、必要なものをすべてそろえたら結構な額になる。
家にあるもので集めたら何とかなるものばかり。わざわざ新しくそろえる必要があるんだろうか…。
なかには、私自身が小学生のときに購入したもので、たいして使わずそのまま残っているものもある。(30年以上も前のものが、あるっていうのもスゴイことかもしれないが)
結局、学校から全員購入の指定のあった「和洋練習用布」220円と、裁ちばさみ750円、糸きりばさみ250円のみ購入。あとはすべて、私や母の持ち物から集めた。
d0182852_21573092.jpg

問題は入れ物。私たちのころは、確か箱入りだったが、最近のものはバッグ。
これが、気に入らない。息子に聞いてみたが「別に何でもいい」という返事。
ちゃらちゃらしたバッグではなく、筆箱やポーチのようなもので十分入りそう。
文具売り場で、すべてのものが入りそうなポーチを購入。コンパクトに収まった。

ポーチを布で作ってやろうかと思ったが、「それは、いらん」と息子に言われたのでやめた。
女の子なら、手作りのカワイイのを喜んだかもしれないけれど、まぁ、それはいいか。
男の子たちは、やはり裁縫より料理実習の方が楽しみだそうだ。
[PR]
by dodo-55 | 2011-06-15 21:30 | 買い物

久しぶりの手作り市

毎月第4日曜に開催される、上賀茂神社の手作り市をのぞいてみた。
今年は春に来て以来、半年ぶり。以前よりアクセサリーや布雑貨の店が増えたように思う。
私は身も部屋もチャラチャラ飾るのは好きではないのだが、小さいモノが大好き。
付けてたり置いたりしているのを目ざとく見つけてくれる人がいたら、「これはね…」と説明できるようなストーリーのあるものがいい。
d0182852_10503510.jpgd0182852_10561088.jpg











アクリル樹脂でできた蝶のピアス。翅には果物の絵が。イチゴも可愛かったが、迷った末、バナナとキウイの切り口が描かれたものを選ぶ。

ちっちゃいモノ好きの私にはたまらん、ミニチュア食べ物のストラップ。
おにぎり、和菓子、洋菓子と選びきれずに3つとも購入。
うち、おにぎりは、友人で私のブログ開設アドバイザーでもあるわこさんにプレゼント。わこさんが毎月開催する「紫苑おむすびの会」にちなんで。
残る2つは、妹に1つ選ばせて、残った1つを自分用にしようと思っている。

前回来たとき、こことは別のミニチュアの食べ物雑貨を販売している店の前でも、あれこれ手にとっては「カワイイ~!」を連発して、なかなか離れられなかった覚えがある。

d0182852_11282728.jpg
こちらも専用金具をつければストラップになる布製、身長5cmのてるてる坊主。
と思って買ったのだが、持って帰ってよく見れば天使だった。
どうりでお店の人が「願いをかなえてくれますよ」と言ったはずだ。


d0182852_11374687.jpg





前回、濃厚な練乳みたいな味のミルクジャムを買ったお店で。今回は、ロイヤルミルクティージャムをゲット。
滋賀県米原市産・伊吹牛乳と愛媛県産・有機紅茶、北海道産・てんさい糖で作られたジャム。味が気になる~。いつもととちょっと違った味があると、朝のパンが楽しくなる。

手作り市では、お店の人と材料や作り方や使い方など、おしゃべりできるのがいい。
モノに込められた思いや楽しさが伝わるから。
ふだんの買物も、スーパーでカゴにポイポイより、個人商店でお店の人としゃべりながら買うのが楽しい。
買物の楽しさは、モノを得ることだけじゃなく、モノにまつわる情報やストーリーを知ることにもあると思う。
[PR]
by dodo-55 | 2010-10-27 12:06 | 買い物

買物考

10月のある日。近くの商店街の小さなスーパーで買ったもの。
d0182852_927148.jpg

しめて、1162円。
この日は肉が安売りだったし、必要なもの以外は買っていないということもあるが、それにしても安い。
これだけの食材があれば、何種類ものおかずが作れるし、味を変え形を変え、何食分かの食卓に登場することになる。
外食したらほぼ1食分の値段やな~。これやから、自分で作るのはやめられへん…と頭で計算してしまうのは、学生時代の自炊生活のときからのクセ。

ダイコン、セロリ、オクラ、カイワレ、ホウレンソウ、ブロッコリーと、選んだ野菜は偶然すべて100円以下だった。一応、すべて国産。大きさや重さや作る手間ひまなんかは、値段に反映されているのかな?
畑をやり始めてから、きれいでおいしい野菜を育てるのは本当に難しいと感じている。
今年は野菜が高いと言われているけれど、この値段。
本来の旬からいえば、オクラはもう収穫時季は過ぎてるし、ダイコンやブロッコリーは畑に種や苗を植えたばかり。今は年中たいていの野菜があるから、本当に旬がわからなくなってきている。

安く買物できたのはいいけれど、肉にしろ野菜にしろ、パックやラップや使うときに出るゴミの多さにはうんざりする。
先日テレビで見たのだが、ミカンを入れている網袋が赤いのは、人間の目の錯覚を利用してるのだとか。赤い袋に入れることで、中のミカンのオレンジ色が濃く見えるとのこと。
そういえば、オクラは青い網袋に入っている! これもその原理を利用しているのかな。
[PR]
by dodo-55 | 2010-10-26 09:32 | 買い物