<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コイツと目が合って

 大学での取材を終えての帰り道。裏門を出て数100mほど行ったところの家の前で、立ち止まった。その家の古い木枠の窓に、ソイツはいた。青いの白いのピンクのと、3体の天使が飾ってあった。天使と思ったのは、クリスマスシーズンだからかもしれない。サテン地の光る服をきて、どんぐりのような帽子をかぶり、ぷっくりと太ったおばさん体型なソイツら。でも、妙にかわいくて、見入ってしまった。
 
 細い筋の角の家だったのだが、家の入口側にまわってみると、看板が出ている。普通の家だと思っていたら、どうやらお店のようだ。入口の横にも大きな窓があり、中のようすが見える。アンティークっぽいアクセサリーや暖かそうなウールの手袋や靴下が並んでいる。よく通る道だけど、こんなところにお店なんてあったっけ? 営業してるの?

 ドアの張り紙を見ると、「18日~25日プレオープン。正式には1月8日にオープンします」と書いてある。ドアを開けて、「見せてもらってもいいですか?」と声をかけると、店内にいた女性が「どうぞ。昨日オープンしたばかりなんです」。聞けば、ヨーロッパのアンティークを中心に、古いモノでないのは、外国の作家さんの手作り品ばかりだそう。きれいな色のウールの靴下やショール、かわいいブローチやピアス、リネンのランチョンマットやアンティークの陶器や琺瑯の食器、手作り石鹸などなど、実用的でよそでは見かけない一点ものばかり。

ゆっくり、じっくり商品を見せてもらって、1点1点のストーリーを聞かせてもらって、すっかりお店が気に入ってしまった。そして購入したのが、コイツ。ルーマニア(だったかな?)の子ども(障がい者施設の)の手作りだそう。色は4色あって、微妙に顔がちがう。結局“目が合った”コイツをもらうことにした。
d0182852_16145790.jpg

それから、ピアス。これは素敵なのがありすぎて、迷いに迷ってコレにした。
d0182852_16161913.jpg

でもほかのも捨てがたい。今度来たとき、絶対にほかのもほしい!

 素敵な店だけど、住宅街にひっそりとあるし、なかなか気づいてもらえないだろうな。
店名はマール。ドイツ語で1回、2回の「回」を意味するらしい。日本語の「丸」にも通じるので、開店前から店の名前はこれに決めていたそう。
 店に入った瞬間、友人が絶対に気に入りそう…と思ってしまった。早く教えてあげないと。でもまだ、プレオープン中なので、ショップカードも何もできていないそうで、場所の説明が難しい。お店の人は「隠れ家みたいな感じでやりたい」と言ったけど、「隠れ家というより、完全に隠れてますよね?」(笑)と言ってしまった。
 私は写真が得意ではないので、友人に早く来てもらって、ブログでアップしてもらおう…とひそかに思っているところ。
[PR]
by dodo-55 | 2012-12-20 16:06 | 買い物

日曜日の遅めの朝ごはん

 久しぶりに、息子の野球の試合も練習もない日曜日の朝。9時までぐっすり寝た。
遅めの朝ご飯は、シリアルとトースト。
d0182852_15111073.jpg

コーンフレークには、牛乳と炒りぬかをかけて。
母が最近ラジオで聞いて、「これを食べると調子がいい」とハマっているのが、炒りぬか。ぬかをそのまま食べるなんて~と思っていたのだが、母が20分ぐらいかけてフライパンでぬかを炒っているときの、なんともいえない香ばしい香りに私も試してみた。温めた牛乳に混ぜて、カフェオレならぬヌカオレもおいしいのだ。

トーストには、自家製バジルペーストとトマトとチーズをのせて。
バジルペーストは、夏に採れすぎたものを、刻んでニンニクとオリーブオイルと共にミキサーですりつぶし、空瓶に入れて冷凍保存してある。

トマトスープは、お手伝いしているトマト農家からもらってきたチビトマトで作ったもの。
ハウスで育つトマトは大玉なのだが、小さいうちに色づいてしまうものがある。見た目はミニトマトのようだが、酸味が強く、そのまま食べてもおいしくない。もちろん出荷できないし、捨てるのももったいないので、ときどき溜まると大量にいただく。
d0182852_15213965.jpg

へたを取ってザクザク切り、コンソメの素を放り込んで煮込み、トマトソースに。
パスタにからめたり、ポークチャップのソースに使ったり。
今朝はスープにしてみたが、酸味が強い!ので、息子はイヤがった。
昔、スペインで食べたsopa de ajo(にんにくのスープ)もこんなだったな。今度、大量にニンニクを入れてみようか。でも、朝食にはきつすぎるか?
[PR]
by dodo-55 | 2012-12-10 14:54 | 食べ物飲み物