<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6年生の調理実習で感じたこと

 「子どもクッキング」を主催されている社協の方から、6年生の調理実習のお手伝いをしてもらえませんか、と連絡をいただいた。6年生最後の調理実習は、班ごとに献立を決め、買い物、調理まですべて自分たちでやる「まかせてね。今日の食事」という授業。
 6年生の息子は「メニュ―を決めるのが、難しいねん」と、夕食のときに話していた。1班3~4人で、男の子は肉が食べたいらしいが、「肉はいや」という女の子がいたり、主菜、副菜、汁物、ご飯を作るので、使いまわしのできる食材を選んだりするのが、難しいようだ。
 「ポテトサラダは決まったんやけどな」
 「じゃあ、ジャガイモと玉ネギの味噌汁にしたら?」(実はこれ、息子が一番好きな味噌汁の具)

 結局、息子の班は、オムライスとポテトサラダ、ジャガイモと玉ネギの味噌汁、イリコの佃煮に決まったそうだ。オムライスの中身はチキンライスだが、献立上ご飯扱いになるので、だしをとるのに使ったイリコを佃煮にして、それを主菜と位置付けたらしい。(このあたりが、家庭科の授業っぽい)
 6年生2クラスのうち、息子のクラスの実習の日は仕事があり行けず。(私が行くことを、息子はいやがっていたので、ちょうどよかったかも) もう一つのクラスの方だけ、お手伝いさせてもらった。

 子どもクッキングに来ている子はさすがに慣れていたが、普段まったく料理していない子でも、6年生ともなると、それなりにできている。作り方は、ネットで検索して調べてきているのも、今どきの子らしい。女の子よりも、男の子が意外にてきぱきと動いていて、洗い物なども進んでやっていたのが印象的だった。

 こどもたちの作った料理はこんな感じ。
d0182852_10393480.jpg

 ギョーザ、野菜炒め、コンソメスープ、ご飯。
 このお皿にはギョーザが写っていないが、余ったギョーザの中身をハンバーグ風にして焼いたものがのっている。ギョーザにはチーズも入れていた。 
d0182852_10431549.jpg

 チーズ入りハンバーグ、温野菜、コンソメスープ、ご飯。
 サラダではなく、温野菜にしたところがいい。温野菜と同じ野菜がスープにも入っていて、食材の使いまわしもできている。
d0182852_1049373.jpg

 ロールキャベツ、マーボー豆腐、味噌汁(わかめ、豆腐)、ご飯。
 この班は、主菜がロールキャベツで副菜がマーボー豆腐という豪華版。調理が大変だったので、スタッフが一人ほぼつきっきりだった。
d0182852_10522920.jpg

 煮込みハンバーグ、生ハム巻、かきたま汁、ご飯。
 生春巻ならぬ生ハム巻は、キュウリとチーズをハムで巻いたもの。ネーミングがユニーク。
d0182852_10543125.jpg
 
 チンジャオロースもどき、ポテトサラダ、味噌汁(ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、ネギ)、ご飯
 この班には宗教上の理由でお肉が食べられない子がいたので、豚肉の代わりに厚揚げを使った「チンジャオロースもどき」を作っていた。考えたね~。
d0182852_10573028.jpg

 オムそば、ポテトサラダ、味噌汁(ジャガイモ、もやし、ニンジン、玉ネギ、わかめ)、ご飯。
 焼きそばの上にかぶせた薄焼き卵に切り目を入れて、ケチャップで模様を描くあたりがオシャレ! みんな思い思いの模様を描いていた。

 並べてみて気づいたが、和食がほとんどない。味噌汁、ご飯があっても、焼き魚、和え物、煮物などはない。買い物のとき生魚は×など、食材の制約があったこともあるが、まぁ、これが今どきの食卓なのかもしれないが。それから、ハンバーグにチーズ、餃子にもチーズなど、子どもたちがチーズ好きなのにも驚いた。チーズは別に入れなくてもメニューとして成り立つのに、チーズを入れたいのかなぁ。

 実習中、子どもたちに聞かれたことは、
 ・‘チンジャオロースもどき’に入れる筍の水煮を切るときの大きさ
 ・ポテトサラダのジャガイモをどの程度つぶせばよいか?
 ・野菜炒めのニンジンはいちょう切り?
 など。
 「筍の水煮は、すでに煮てあるから、炒めるときもすぐに火が通るので、大き目に切っても大丈夫」。
 「ポテトサラダは、どんな仕上がりにしたいのかな? マッシュポテト状態にしたいなら、根気よくつぶす必要があるし、ゴロゴロとジャガイモが入っている感じにしたいなら、そこそそでいいし」。
 「ニンジンは、イチョウ切りでも短冊切りでも。切り方よりも、厚さと大きさをそろえた方が、火の通りがいい」。
と、答えていて気がついた。子どたちは、作り方をきっちり調べて、書いてある通りに作れるのだが、「なぜ、そうするのか」「そうしたら、どうなるか」を、考えたり、やってみたりをしていない。ひたすら、作業をこなしている感じ。
 確かに時間もないし、書いてある通りにやるだけで精一杯なのかもしれないが、失敗してもいいから、もっと五感を使っていろいろ試してほしいなぁと思った。

 ポテトサラダに入れるキュウリを小口切りにするつもりで切っていた男の子が、「薄く切れへん」と2cmサイズに切ってしまっていた。私は「キュウリは生でも食べれるし、大きくてもえぇんちゃう?食感を楽しんだら」とアドバイスしたのだが、担任の男の先生は、「そんな大きかったらアカンやろ。もっと薄く切らな」と、小さな2cmのキュウリを持たせてさらに薄く切らせていた。小さなものをさらに切るなんて、その方が危ない。どうして、薄くなければアカンのか? もっと、臨機応変にできないものなのか…。

 各班メニューや進行状態もちがう上、1皿ずつ余分に作った料理を職員室や校長室に試食用に運んだりするのにも手間取り、全員で試食するころには、ほとんどの料理(特に汁物が)冷めてしまっていて、おいしさが半減↓だったのも残念だった。熱いものは熱く、冷たい料理は冷たいうちに食べないと、せっかくの料理が台無しだ。学校には栄養教諭がおられないし、担任と主任の先生と、お手伝いスタッフ2人では難しいのかもしれないが、「とりあえず、最初から最後までやりました」的な感じがしないでもない。

 いつもお手伝いしている「子どもクッキング」とはちがって、あくまで家庭科の授業なのだから仕方がないのかもしれないが、この調理実習が家で料理をするきっかけにはならないだろうし、子どもたちの記憶にはほとんど残らないだろうなと思う。
 自分自身をふりかえってみても、小・中・高校でやってきたはずの調理実習で何を作ったか、どんな風にやったか、さっぱり記憶にない。やはり、強烈な印象として残っているのは、初めて一人で台所に立ったときのこと、大失敗をしたときのことだ。あとは、家の台所から聞こえてくるトントントンと切る音やぐつぐつと煮える鍋の音、そしておいしそうな匂い…だ。

 
 
[PR]
by dodo-55 | 2013-01-27 17:30 | 食育

あんまり寒いので…

 あまりにも寒いので、ipod shuffle(アイポッドシャッフル)を買ってしまった。と書けば、「風が吹けば桶屋がもうかる」みたいで意味がわからないかもしれない。

 
 昨年のクリスマスプレゼントに、息子がアイポッドタッチをリクエストしたため、息子を連れて家電量販店へ行った。売り場には薄くて小さな機器が色とりどりに並び、カセットテープを入れるタイプのウォークマンの時代で止まってしまっている私は、こんなんで音楽が聞けるのか~という印象。携帯より小さな機器に「2000曲入ります」という店員さんの説明を聞いて驚き、でも、その曲どうやってコレに入れるの~???という疑問符で頭がいっぱいに。お恥ずかしいが、今の私はこのレベルなのだ。

 息子は気に入ったアイポッドタッチを選び、私は店員さんに「すみません。こういうの、まったく初めてなので、基本的なこと聞いていいですか?」と前置きしてから、曲の入れ方を教えてもらった。
 教えてもらったやり方で、CDの曲をアイポッドに入れるまで、ドキドキイライラしていた私とは対照的に、説明書もないのにタッチパネルを慣れた手つきで操作する息子。さっそく入れた曲を聞きながら上機嫌。写真を撮ってみたり、計算機機能を使ったり、「Wi-Fiがあったらもっといろいろできるんやで」と言ってみたり。

 部屋でじっくりCDを聴くとか、電車の中でイヤホンで聴くとか、そういうことをまったくしなくなってずいぶん経つ。試しに息子のアイポッドタッチをポケットに入れ、イヤホンで曲を聴きながら洗濯物を干すと、音楽の世界に浸りながら、気分よく仕事がはかどる。楽しいし、なかなかいい。

 売り場の商品がちらちらと頭に浮かんだ。アイポッドタッチは値段もそこそこするが、シャッフルだと4200円。小さいのに500曲入ると店員さんが言ってたっけ…。イヤホン一体型のランナー向けのウォークマンもあったな…。年末から息子に付き合って、というか、息子に負けまいと、走る距離と時間が増えているのだが、ここのところの寒さに外に出るのがつらく、「走ろう」と決めてもなかなか一歩が踏み出せない。特に早朝ラン型の私は、まだ日が昇る前の暗くて寒い、時には雪の舞うなかを、1時間も走るのがキツイのだ。

 でも、コレがあれば!
d0182852_1611372.jpg

 息子に頼まれた、アイポッドタッチの充電器とタッチカバーを買いに行ったついでに、結局私も買ってしまったアイポッドシャッフル。「これ、服にもつけられますよね?」と店員さんに確認したら、クリップになっていることを教えてもらい、感動。

 こんなに軽く、こんなに小さい、ただのクリップみたいなものに、500曲も入るなんて! 
さっそくこれを付けて走りに行こうとしたところを息子に見られ、「あ~、つけてるつけてる」とニヤニヤ。入れる・止める・進める・戻すの4種類のボタンしかないところも、私向き。快適な1時間ランを終え、「いやぁ、コレええわぁ~」と息子に報告すると、「50歳になろうかという人が、最新のデジタル機器に興奮してるわ」と冷めた言い方をされた。

 いやいや。でもコレほんまにええわ。今は息子が借りたCDの曲を入れているのだが、自分のお気に入りの曲なら、もっとテンション上がるだろう。もう、2時間でも3時間でも走りまっせ~という気分なのだ。

  
[PR]
by dodo-55 | 2013-01-17 11:31 | 走る

むろまち子どもクッキング(12月)

 小学校で開催されている「こどもクッキング」のお手伝いをするようになって、12月でちょうど1年。1年といっても年に5回の開催だから、5回スタッフとして入っただけだが、多くのことを学ばせてもらっている。
 こどもクッキングは、準備から調理、後片付けまで、すべて子どもたちだけでやる。1テーブル子ども4人に大人のスタッフが2人。子どもたち全員が、計量から洗う、切る、混ぜる、炊く、炒める、味見など、調理の全工程を体験することになっていて、大人は見守るだけ。手は出さない。低学年の子も、危なっかしい手つきながら、それなりにできるし、高学年の慣れた子どもたちが良いお手本になっている。
 参加回数の多い5・6年生は、「こどもスタッフ」として大人のスタッフの手伝いができる。今年の6年生のこどもスタッフの女の子たちは、毎回ほんとうによく動いてくれて、下級生からの信頼も厚い。クッキング終了後に毎回こどもたちに書いてもらう感想にも「○○さんのように、料理が上手になりたいです」と名前があがるほど。
d0182852_21452871.jpg

 今回のクッキングでは、こどもスタッフは大人のスタッフと同じように動いてもらい、各班に一人ずつ振り分けられていた。初参加の子も、低学年の子も、子どもスタッフのお姉ちゃんたちの言うことをちゃんと聞いていた。
d0182852_2146873.jpg

 家でもよく料理しているようだし、これだけできたら中学生になってもお弁当も一人で十分作れるね。
次回の今年度最終のクッキングでは、6年生には自分で自分のお弁当を作ってきてもらい、ほかの子どもは例年のようにみんなで作って、お弁当箱に詰め、全員でお昼にお弁当を食べる企画。子どもクッキング版「お弁当の日」だ。
 先日、6年生の家庭科の調理実習のときに、チラシを渡して「お弁当の日」参加を呼びかけたが、どれくらいの子どもたちが参加してくれるだろうか。



 
 
[PR]
by dodo-55 | 2013-01-07 17:35 | 食育

初詣でお年玉GET!?

 毎年、元旦にはまず氏神様である上御霊神社にお参りに行き、そこから歩いてすぐのお寺へ墓参りに行く。初詣だからとわざわざ伏見稲荷や平安神宮へは行かない。人が多いし。上賀茂神社や下賀茂神社へは散歩がてらに行くことはある。何せ近いから。考えてみれば、贅沢な環境だ。世界遺産の神社がすぐ近くにあり、自転車でまわれば初詣に行ける神社がゴロゴロあるなんて。
 

 今年は、墓参りのあと御所の中をぬけて、護王神社へ出かけた。足腰の守護神として有名なこの神社は、狛犬ならぬ狛猪があることでも有名。御祭神である和気清麻呂が、都より九州の宇佐八幡宮へ向かう途中、300頭もの猪が現れて道中を無事に案内し、清麻呂が悩んでいた足萎えが治ったという故事により、足腰の健康保持やけが、病気の回復に御利益があるといわれている。

 この神社にお参りしたのにはわけがある。2月の大文字駅伝に向けて毎日陸上の練習に励んでいる息子が、11月の予選のあとの膝のけがに続き、年末にも友達と鬼ごっこ中にこけて膝を強打するなど災難続きなので…。それに私も、今年はもっと走る距離をのばそう、レースにも出ようと思っているところなので。
 「やっぱり、マラソン関係が多いなぁ」と絵馬を読む息子。「○○マラソン完走できますように」とか「今年も健康で走れますように」というのが多い。それに、足のけがや病気、手術の完治を祈願するものも。
d0182852_21211919.jpg


 さて、ご利益はあるかな…。ご利益といえば、この神社の前に自転車を止めたとき、お年玉を拾った。私の自転車の下に、ミッキーマウスの絵柄のポチ袋を発見。拾ってみると、中身も入っている!(1000円札)。息子が「あっ!ここにも」ともう一つ発見。その袋には2000円!二つとも「○○くんへ」と名前が書いてある。想像するに、孫へのお年玉袋を、何かの拍子にかばんから落としてしまったのだろう。お年玉を落として、どうすんねん!って、でもこれ、どうする?警察へ届ける?
近くに派出所もないし、結局、神社の受付へ届けておいた。新年早々、縁起がいいような、でも、もらっとくわけにもいかないし…。「お年玉」ならぬ「落し玉」だった。

 

 

 
[PR]
by dodo-55 | 2013-01-01 16:38 | 京都