<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏の終わり

 この夏、甲子園で活躍したある高校のキャッチャーにハマってしまった。
 対戦チームの俊足1塁ランナーが盗塁したとき、2塁へ投げた球が間に合わず、マスクを取って苦笑いした、その笑顔にズキューンと胸を射られたのだ。
 この子誰? 何ていう名前? 何年生? と気になったのだが、その場面をテレビで見たのは、息子が録画していた『熱闘甲子園』の準々決勝のワンシーン。しかも、その録画を見たときには、すでに決勝戦も終わっていた。
 その選手の情報がほしくてネットで検索し、なんとか名前だけはわかったので、インタビュー記事がないか、さらに検索してみるも、試合後のコメントなどはピッチャーかキャプテンか、バッターとして活躍した選手のものばかり。
 あぁ、やつぱり、キャッチャーは地味やなと嘆いていると、「そやで。キャッチャーはそんなもんやで」と息子がつぶやく。

 小学1年生で野球を始めた息子は、2年生のとき「捕球が一番上手やから」と監督さんに言われ、キャッチャーになった。以来、中2の今までずっと、ポジションはキャッチャー。
 野球ではやはり、ピッチャーが花形だ。キャッチャーはひたすら座って球を受けるだけだし、テレビに映っても、マスクをしているから顔が見えない。
 少年野球時代、試合中、監督さんに目立って怒られるのはバッテリーの2人だったが、試合に勝ったとき注目されるのは、ピッチャーだけ。「女房役」とはよく言われるが、地味なポジションだなと思うのだ。
 息子に聞いてみたことがある。
 「ピッチャーをやりたいと思ったことはないの?」
 「ない」
 「ほんとは、どこのポジションがよかったん?」
 「キャッチャー」
 「キャッチャーの、どこがおもしろいの?」
 「ピッチャーに出した指示通りに球がきて、バッターが打てなかったときが、気持ちいい」

 ピッチャーは常に注目されているし、内野手や外野手はファインプレーをしたときは目立つ。同じやるなら、目立つ方がカッコイイやん、と私などは思うのだが。
 「母ちゃん。一番暑いのはキャッチャーやで。防具着けてるから、熱がこもってめちゃくちゃ暑いねん。それに、キャッチャーは座ってるだけとちゃうで。結構守備範囲が広いねん。自分より後ろにいったボールは全部とらんならんし、1塁ベース近くまでカバーに走らんならんこともある。防具着けてるからめっちゃ走りにくいねん」と、小学生のときに息子は言っていた。
 キャッチャーだけが、ほかの8人とは反対を向いて守っているため、全守備を見渡すことができる。バッターやランナーはもちろん、全てのポジションに目を配り、指示を出さなければいけない。冷静かつ敏速な判断も要求される。

 夏休み最後の練習のあと、秋季大会に向けて、息子はキャッチャー防具一式を持ち帰り、夜に自分で洗っていた。次の日「干しといて」と頼まれたので、洗濯ものカゴに入れて2階の干場まで運んだ。水を含んでいたせいもあるが、ズッシリと重かった。
 こんなもん身につけて、炎天下でずっと座ったり、走ったりしているのだなと、今さらながら気づいた。高校野球を見てミーハーに騒いでいる私は、ちょっと恥ずかしく感じた夏の終わりである。
d0182852_9213866.jpg


 
 
 
[PR]
by dodo-55 | 2014-09-02 21:41 | 野球