コイツと目が合って

 大学での取材を終えての帰り道。裏門を出て数100mほど行ったところの家の前で、立ち止まった。その家の古い木枠の窓に、ソイツはいた。青いの白いのピンクのと、3体の天使が飾ってあった。天使と思ったのは、クリスマスシーズンだからかもしれない。サテン地の光る服をきて、どんぐりのような帽子をかぶり、ぷっくりと太ったおばさん体型なソイツら。でも、妙にかわいくて、見入ってしまった。
 
 細い筋の角の家だったのだが、家の入口側にまわってみると、看板が出ている。普通の家だと思っていたら、どうやらお店のようだ。入口の横にも大きな窓があり、中のようすが見える。アンティークっぽいアクセサリーや暖かそうなウールの手袋や靴下が並んでいる。よく通る道だけど、こんなところにお店なんてあったっけ? 営業してるの?

 ドアの張り紙を見ると、「18日~25日プレオープン。正式には1月8日にオープンします」と書いてある。ドアを開けて、「見せてもらってもいいですか?」と声をかけると、店内にいた女性が「どうぞ。昨日オープンしたばかりなんです」。聞けば、ヨーロッパのアンティークを中心に、古いモノでないのは、外国の作家さんの手作り品ばかりだそう。きれいな色のウールの靴下やショール、かわいいブローチやピアス、リネンのランチョンマットやアンティークの陶器や琺瑯の食器、手作り石鹸などなど、実用的でよそでは見かけない一点ものばかり。

ゆっくり、じっくり商品を見せてもらって、1点1点のストーリーを聞かせてもらって、すっかりお店が気に入ってしまった。そして購入したのが、コイツ。ルーマニア(だったかな?)の子ども(障がい者施設の)の手作りだそう。色は4色あって、微妙に顔がちがう。結局“目が合った”コイツをもらうことにした。
d0182852_16145790.jpg

それから、ピアス。これは素敵なのがありすぎて、迷いに迷ってコレにした。
d0182852_16161913.jpg

でもほかのも捨てがたい。今度来たとき、絶対にほかのもほしい!

 素敵な店だけど、住宅街にひっそりとあるし、なかなか気づいてもらえないだろうな。
店名はマール。ドイツ語で1回、2回の「回」を意味するらしい。日本語の「丸」にも通じるので、開店前から店の名前はこれに決めていたそう。
 店に入った瞬間、友人が絶対に気に入りそう…と思ってしまった。早く教えてあげないと。でもまだ、プレオープン中なので、ショップカードも何もできていないそうで、場所の説明が難しい。お店の人は「隠れ家みたいな感じでやりたい」と言ったけど、「隠れ家というより、完全に隠れてますよね?」(笑)と言ってしまった。
 私は写真が得意ではないので、友人に早く来てもらって、ブログでアップしてもらおう…とひそかに思っているところ。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-12-20 16:06 | 買い物

日曜日の遅めの朝ごはん

 久しぶりに、息子の野球の試合も練習もない日曜日の朝。9時までぐっすり寝た。
遅めの朝ご飯は、シリアルとトースト。
d0182852_15111073.jpg

コーンフレークには、牛乳と炒りぬかをかけて。
母が最近ラジオで聞いて、「これを食べると調子がいい」とハマっているのが、炒りぬか。ぬかをそのまま食べるなんて~と思っていたのだが、母が20分ぐらいかけてフライパンでぬかを炒っているときの、なんともいえない香ばしい香りに私も試してみた。温めた牛乳に混ぜて、カフェオレならぬヌカオレもおいしいのだ。

トーストには、自家製バジルペーストとトマトとチーズをのせて。
バジルペーストは、夏に採れすぎたものを、刻んでニンニクとオリーブオイルと共にミキサーですりつぶし、空瓶に入れて冷凍保存してある。

トマトスープは、お手伝いしているトマト農家からもらってきたチビトマトで作ったもの。
ハウスで育つトマトは大玉なのだが、小さいうちに色づいてしまうものがある。見た目はミニトマトのようだが、酸味が強く、そのまま食べてもおいしくない。もちろん出荷できないし、捨てるのももったいないので、ときどき溜まると大量にいただく。
d0182852_15213965.jpg

へたを取ってザクザク切り、コンソメの素を放り込んで煮込み、トマトソースに。
パスタにからめたり、ポークチャップのソースに使ったり。
今朝はスープにしてみたが、酸味が強い!ので、息子はイヤがった。
昔、スペインで食べたsopa de ajo(にんにくのスープ)もこんなだったな。今度、大量にニンニクを入れてみようか。でも、朝食にはきつすぎるか?
[PR]
# by dodo-55 | 2012-12-10 14:54 | 食べ物飲み物

ATM2話

 息子の場合。
「母ちゃん。学校のATMの英語の先生な、二の腕がめっちゃ太いねん」。
ATM? それを言うならALT(Assistant Language Teacher)やろ!

 私の場合。
ATMで通帳入れて、お金を引き出したら、「どうぞ、お受け取りください」という音声が。
お受け取りくださいって、これ、もともと私のお金やろ! あんたに言われたくない。

……と、最近気になったATMの話。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-11-22 21:36 | ことば

直して、あげて、あぁすっきり。

 直したら使える服やモノ、もう読まない本やマンガ、「また着られるかも」と毎年出しては片づける服などが、いつの間にかたまっていた。そのうち、そのうち…と置いたままにしていたのを、やっと片づけた。

 まずは、息子が読まなくなった本。絵本を卒業したあと読むような、絵が多めで字も大きい低学年向けの本が20冊ほど。大好きだった「かいけつゾロリ」のシリーズや、私の知り合いの児童文学作家の方からいただいた新刊本など。何度も読んだけれど、さすがにもう読まない。分厚いので、本棚の場所を取る。
 これは、息子が学童でお世話になっていた児童館へ。図書室に本がたくさん置いてあったのを思い出し、電話をして相談、本を見て決めていただくことにした。職員さんに本を確認していただいているとき、子どもたちが集まってきて、「わぁ、これ読みたい」と言い出し、結局全部引き取っていただくことになった。

 本といえば、もう一つ。これは相当古くて、私が小学生のころ読んで、そして息子にも何度も読んでやった幼年文庫シリーズ。「世界の名作童話・二年生」(偕成社・昭和40年発行)をはじめ、グリム童話や日本むかし話など小学校低学年用の本で、なんと監修が川端康成。さすがに紙が変色しているので、こちらは古本屋さんへ。

 息子の古着は、地域の児童養護施設へ。幼いころのものは、保育園のバザーに出していたのだが、今ぐらいのサイズになると保育園では売れない。ご近所さんからもらった古着や学校の上靴など、結局使わずにそのままというのもある。一人っ子なので、息子が着たあとまわせる人がいない。甥っ子はアメリカ在住だし…。それで、最近は施設へ持ち込むことにしている。

 
 錆びたまま放ってあった出刃包丁と柄の部分が取れかけた柳包丁は、「有次」さんへ。普段使っている菜切り包丁はときどき砥直しに出しているが、出刃包丁と柳包丁は父亡きあと、使うこともなく放ったままであった。直るのなら使おうと思い、有次さんに持って行くと「2か月ほどかかるが修理可能」とのこと。きれいになって帰ってきたら、魚をさばくときに活用しよう。

 持ち手の部分が割れてしまったエッグベーカーは、「STOCK ROOM」さんへ。ヴィンテージ家具と雑貨の店だが、陶磁器の割れやひびを漆で継ぎ金銀などで仕上げる「金継ぎ」にも対応してくれる。この店の情報は以前新聞に載っていたのを切り抜いていて、今回初めて持ち込んだ。お店の人が「よく使いこまれてますね」と言って漆で継ぐ方法を丁寧に説明してくれたので、一安心。エッグベーカーは、私が小さいころは家族分あったはずなのだが、割れてしまってフルセット(ふたと受け皿)がそろっているのは、1つだけだった。その1つの持ち手が取れてしまって、そのまま使おうか…とも考えたのだが、直せるなら継いでもらおうと持ち込んだのだ。

 それから、いつもながらの繕いもの軍団の数々。春に冬物をしまうとき、膝が破れたズボンや袖口がほつけたオーバーなどを、繕ってから片づければいいものを、「冬まで時間あるし、あとでやろう」と部屋の隅に積んでおいたのがいけなかった。季節は廻り、気がつけばもう出番を迎えてしまった。木枯らし1号が吹いて、あわてて繕うはめに。必要にせまられてやると、早い!かさばる冬物だけに、部屋の隅の山が片付きすっきり。

 最後に、私の洋服。時代遅れの感じのセーター(でも、まだきれい)やお腹周りがひっこめばはけるズボン(毎年、はいてみるが無理)が、捨てられずに何枚かあった。おしゃれにはうるさく、私より数段細い妹に、「これ、やせたらはけるんやけど…」と見せたら、「こんなズボン、型が古いで。やせたとしても、今どきこんなんおかしい」とビシッと言われてしまった。その一言を聞いて、捨てることに決定。自分でもそう感じてはいたのだが、なかなか決心がつかなかった。妹の一言で背中を押され、きれいさっぱりお別れした。

 あぁ~、すっきりした~。
d0182852_12472783.jpg

わが家に残っているエッグベーカーのうちの一つ。持ち手はすでに取れ、ふたも割れてしまい、
d0182852_12474330.jpg

茶碗蒸用の陶器が割れてふただけが残ったのがちょうど合うので、代用している。


 
 
[PR]
# by dodo-55 | 2012-11-14 21:34 | 家事・家仕事

むろまち子どもクッキング(10月)

 今回の子どもクッキングは、2月に子どもたちが仕込んだ「手前みそ」を使って味噌汁を作り、地域の方々にふるまうというもの。メニューは、ご飯に秋の幸みそしるとニンジンの胡麻和えの一汁一菜。

 まずは、「手前みそ」のお披露目会。2月の味噌汁検定のあと、子どもたちがかめに仕込んだみそが、家庭科室に運ばれる。新聞紙にくるまれ、仕込んだ子どもたちの名前も書いてある。「2012年2月4日・名前・こくみそ君」。「こくみそ君」とは、このみその名前らしい。
d0182852_20295422.jpg

 ふたを開けるまで、みんなドキドキ。私もそうだが、スタッフには毎年家でみそを仕込んでいる人もいる。けれど、おそらく子どもたちは初めての体験だろう。
 できたみそは色も香りもいい感じ。必要な分だけラップに包み、各テーブルに分ける。味見してみたら、深いコクと甘みのある、まさに「こくみそ君」であった。

 子どもたちは慣れた手つきで、調理を進めていく。ニンジンはピーラーで薄く切り、ゴマはすり鉢でする。
d0182852_20271482.jpg

d0182852_2027756.jpg

d0182852_2028539.jpg

 今回は地域の人たちにふるまうので、味噌汁は大きな鍋で作る。昆布とイリコはたっぷり投入。
d0182852_202756100.jpg

これだけ入れば、だしも美味しいはず。「こくみそ君」を溶かして、味見。子どもたちが「ちょっとうすい」と言ったので、少し味噌を足したが、だしがしっかり出ているので、薄めでも十分美味しい。
d0182852_20285183.jpg

 味噌汁の具は、きのこと豆腐。豆腐も全員が手にのせて切ります。みんな慣れたもの。
d0182852_20284620.jpg

 今回私は、試食や反省会には参加できなかったけれど、手前味噌「こくみそ君」パワー全開の味噌汁は、きっとみんなを笑顔にしたはず。これからの季節、何はなくとも、あったか~い味噌汁があれば十分だよね。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-11-05 20:39 | 食育

1000円でズバリ買いましょう。

 息子の所属する学童野球チームで、ボーリング大会&食事会をすることになった。子どもたちには参加賞として1000円相当の景品を渡すので、保護者が手分けして買い出しに行くことになった。
 地蔵盆のときにもらうようなおやつの詰め合わせにはもう飽きているようだし、1000円となると予算的にももう少しましなものが買えそう。と思っていたのだが、実際に買いに行くと1000円分というのもなかなか難しい。
 渡す相手は小学校3年生~6年生の男の子。女の子なら、雑貨や文具のかわいいのやお菓子で喜びそうだが、男の子はそうはいかない。スポーツ用品は結構値段が高い。タオル1枚でも予算オーバー。袋に1品よりは、いろいろ入っていた方が楽しいだろうし…と考えていると、なかなか決まらない。
 苦心の末、選んだのは「北海道展バージョン」(JR伊勢丹でちょうど北海道展をやっていたので)
d0182852_17473786.jpg

「実用的なものちょこちょこバージョン」(取材の合間に、思いつきで実用的なものを)
1000円にはちょっと足らなかったので、果物店でミカン(1個20円)を買い、不足分を補った。
d0182852_17475895.jpg

「ステーショナリーバージョン」(以前取材した雑貨店がおもしろかったので)
d0182852_17481316.jpg

趣味に合わず使われないで残るものより、必ず使うものや食べてなくなるものの方がいいだろうと考えてしまうのは主婦的考え? 結局、子どもの好き嫌いまでは考えていられないのだ。楽しいような、疲れるような、買い物だった。それにしても、1000円×6人分の6000円予算で5994円の買い物とは、「ジャスト賞」をもらえるかな~。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-11-05 17:48 | 買い物

雨の日曜日には

 シーズン中の土日は、たいてい息子の学童野球の練習や試合のお手伝いや応援で終わってしまう。特に今年は6年生なので、保護者も忙しい。でも、仕事上、週末に原稿を書いてしまわないと間に合わないこともあるので、そんなときは他の保護者に何とかお願いして、私はパスさせてもらう。
 困るのが、雨の日曜日。息子が試合か練習に行ってくれれば、家で原稿書きに没頭できるのだが、雨で中止になったときが大変。
 朝から一日ぽっかり空いた息子は、しばらくはテレビなどを見て時間をつぶしているが、「母ちゃん。暇や~。何したらいい~?」と私に聞いてくる。こちらも暇なら、映画やバッティングセンターに連れて行くとか、一緒にご飯を作るとかして相手できるのだが、仕事があるときはそうはいかない。

 野球以外の暇つぶしといえば、テレビ、ゲーム、マンガしかない息子だが、この3つを一日中やってろと言うのもよくないし、やってほしくない。困ったなぁ…。
 そこで思いついたのが、ボロぎれ作り。古くなったTシャツやブラウス、シーツなどがたまってる。それをはさみでジョキジョキ切って、小さいサイズの使い捨てのボロにするのだ。時間があるときにやろうと思って袋いっぱいにたまっていたのを、どさっと息子に渡した。
 「えぇ~。これ、ぜんぶ~?」と不満気だったが、「テレビ見ながらできるし、えぇやん。なぁ、職人さん、頼むわ」と、そのまま逃げる。

 2階で仕事をしていたが、昼までまったく声もしない。昼ご飯の用意をしに階下へおりたら、テレビを見ながらせっせとやっている。ボロは、最初に見せた見本通りの大きさにきちんと切って、重ねてある。おぉ、さすがは職人や。えらい、えらい。
 
「母ちゃん。このズボンどこ使うの?」と、息子のはき古したズボンを広げて見せる。「っていうか、こんなにつぎはぎしてあんのに、まだボロにして使うの?」。見れば、ひざの穴あきに当て布をして、それが破れてさらに上から当て布をして、次にはその下に空いた穴に当て布をして、3回縫い足したあとがある。
 「うわ~。こんなかわいそうなズボンはいて、学校行かされてたんや~。かわいそすぎる~」。
 「それを、まだボロで使うか」と息子はあきれ顔。あまりにもひどいズボンだったので、二人して「これは、ひどすぎる~」と笑いころげてしまった。結局、下の方の部分だけ、切ってボロにしたのだが。

 ボロ作りが終わってしまったので、午後からはミシン掛けをお願いする。昨年、家庭科で習って以来、ミシンにはまっている息子は、すでにたまっていた古タオルは雑巾に縫ってしまっていたので、もうない。代わりに、古バスタオルを足ふきマット用に縫ってもらうことにした。
 私のミシンより、最新型の「ばぁちゃんのがいい」と言うので、母のミシンを出してもらい、使い方を教えてもらって、さっそくやり出した。
 で、午後からも静か。1階から快調なミシンの音だけがかすかに聞こえてくる。いいぞ、いいぞ、その調子。
 夕方、下に降りたら、「ふぅ~。疲れた。やっとできた~」と職人さん。ご苦労、ご苦労。
 私の仕事もはかどったし、たまっていたボロ切りもタオル縫いもできたし、一石二鳥だった。
 それにしても、息子。ほんまに、職人肌やわ。将来は手に職つけたらいいかも。
d0182852_2132781.jpg

いらなくなったハンカチで、腕カバーを作った。トマト収穫のとき、アクで汚れるのでこれは必須。100均でも売ってるけれど、もらいもののキャラクターハンカチも使わずたまる一方だったので。小さくなった息子のパジャマの足の部分で作ったのもある。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-10-30 21:34 | 家事・家仕事

5・7・5・7・7から見える子どもたちの夏

 夏休み明けの自由参観の日。2時間目の授業参観に行ってきた。
 9月といっても残暑厳しく、4年生たちがプールに入っているのが、うらやましく思ったほど。
 息子の教室は社会で歴史の授業。参勤交代について習っていた。教室の後ろに、子どもたちの作った短歌が張ってあり、面白くて思わず書き留めた。
 お題は「楽しみ」。あとで息子に聞くと「楽しみは」で始まり、「…とき」で終わるように作ったらしい。

 楽しみは汗だくになり家帰りキンキンに冷えたアイス食ふとき
  (女の子らしい一首。わかるわかるその気持ち。でも、私ならビールかな~)

 楽しみは自分の部屋でゆっくりと買ったばかりの本を読むとき
  (本好きの男の子かな? この気持ちもわかるわ~)

 楽しみは家に帰ってクーラーをつけてソファーでテレビ見るとき
  (よく似たのがうちにも居るわ。同じような歌がほかにもあって、「ソファー」→「ベット」、「テレビ見るとき」→「ゲームするとき」に変えただけのものもいくつかあった。すべて男の子の歌)

 楽しみは今日のご飯が焼肉でご飯いっぱい食べられるとき
  (これが、息子の歌。やっぱり、食べ物ネタでした。学校での楽しみは「給食」と「体育」だそうだから、予想はしていたが…)

 おそらくみんな、パパッと思いついたことを詠んだのだろうな。今どきの子どもの生活が出てておもしろい。
d0182852_21391595.jpg

 コンビニで買ったアイス。アイスが「おやつ」なのはわかるけど、「朝食」って? いくら、コーンフレーク入りだといっても…。朝食代わりにアイスを食べる女子大生がいると聞いたことがあるけど、これはアカンやろ~。
[PR]
# by dodo-55 | 2012-09-06 21:51 | 悪ガキ

むろまち子どもクッキング(7月)

ちょうど七夕の日に重なった「子どもクッキング」では、涼しげな「レモンジンジャーかん」を作ってお茶会をした。
今回は親子参加で、子どもがお菓子を作ってお茶を点て、大人たちをもてなすのが目的。
材料は、レモンとしょうが、砂糖、水、粉寒天とシンプル。それでも、粉寒天の使い方やおろしがねの使い方、しょうが汁を絞ることなど、普段なかなかできない体験ができるのがいい。
d0182852_21225042.jpg

まずは、レモンの皮をおろしがねですりおろし、
d0182852_21224458.jpg

縦割りして絞り、こしておく。しょうがもすりおろし、汁を絞る。鍋に水と粉寒天を入れて混ぜ、火にかけて溶かす。砂糖、レモンの皮、レモン汁、しょうが汁を入れて混ぜ、火を止める。
d0182852_21264284.jpg

途中でやっぱり、味見。子どもクッキングでは、いつものこと。
d0182852_21281858.jpg

知ってる味でも、一応味見。これが楽しいんだよね。
溶けた液を流し缶に流し入れ、冷やせばできあがり。
d0182852_2133554.jpg

金箔を散らしたように、きれい。涼やか。人数分に切り分けて、お皿に盛り、和室へ。
d0182852_2134157.jpg

お菓子を運んで、お抹茶を点てて、
d0182852_21352150.jpg

どうぞ、召し上がれ。
d0182852_21392263.jpg

[PR]
# by dodo-55 | 2012-08-06 21:07 | 食育

昭和の暮らし ハレの日 「目黒 雅叙園」

 東京でライター仲間との勉強会があった日、昼過ぎに東京入りしたその足で、大田区の「昭和のくらし博物館」へ行った。玄関脇の小さな応接間(今ではこの言葉も懐かしい)で、お茶をいただきながら、学芸員さんとしばし歓談。「夕方に目黒に行く」と話したら、「目黒の雅叙園には行かれたことがありますか?あそこもすばらしいですよ」と教えてくれた。
 
JR目黒駅から歩いて10分余り。名前からして「立派な庭園のある大きな料亭」というイメージだったのだが、道行く人に尋ねてみると「向こうに見える白い建物です」とのこと。近づいていくと、それは近代的な大きなホテル。確かに、教えてくれた学芸員さんは「今はホテルの中にある」と言っていたが…。
とりあえず、ホテルの入口に向かう。入ってすぐ、「文化財 百段階段で観る 目黒雅叙園の魅力展」というポスターが見える。受付で入館料を払い、エレベーターまで案内される。ここまで来てようやく、ホテル内に特別に保存されている場所だと気づく。

目黒雅叙園とは、昭和6年に作られた本格的な北京料理・日本料理を提供する料亭。その後、昭和18年まで次々と建物を建設。螺鈿、日本画や彫刻、手の込んだ組子の建具、銘木など豪華な装飾に埋め尽くされた建物は、当代一流の芸術家、庭師、左官、建具師、塗師、蒔絵師など数百名が参加し、現実から遊離した世界を作り上げたという。昭和13年ごろには、写真、美容、着付け、挙式を一貫して行える総合結婚式場のシステムを日本で最初に考案し、花嫁の憧れの場所だったそう。

「昭和の竜宮城」と呼ばれた目黒雅叙園は、平成3年にそのほとんどを取り壊し、旧建材に使われていた造作材や絵画、木版画を活用し、結婚式場、宴会場、宿泊、レストランをリニューアルオープンしたらしい。そのなかで、現存する唯一の木造建築が、かつての目黒雅叙園3号館にあたる「百段階段」。ケヤキの板材で作られた99の階段廊下でつながれた7つの部屋が連なり、各部屋には樹齢100年を超える床柱や天井や欄間には当時屈指の著名な作家たちによって創られた世界が描かれており、東京都指定有形文化財に指定されている。

立派な日本庭園のある歴史的建造物である料亭なら、京都にいくらでもある。歴史的には圧倒的に京都の方が古いだろうし、有名な作家や芸術家が利用した店というのも多い。けれど、雅叙園のすばらしさは、これが庶民のためのものだったということ。極彩色の木彫りや漆の螺鈿細工など、日本の伝統美が惜しげもなく施された部屋は、それまで料亭は「上流階級だけが行く特別な場所」であったのを、「庶民でも別天地の贅沢を味わえる場所」にしたのだという。

これでもか!といわんばかりに豪華絢爛な部屋は、少々成金趣味っぽく感じなくもないが、ハレの日をここで迎えることが当時の庶民には憧れだったのだろう。雅やかな7つの部屋はもちろん見応えあるが、私が一番魅せられたのは、百段階段そのものだった。高低差16m、長さ60mに及ぶ階段は実際には99段で、ケヤキ板に漆の塗りが施してある。

黒光りしたその階段を毎日どれだけの人が上り下りしたのだろう。婚礼は一日に100組を超えることもあったそうだが、私が以前、大型ホテルで花の仕事をしていたとき、婚礼は多い日で20組。それでも、装飾花やブーケや花束の制作で、前日からほぼ徹夜。当日は目が回るほどの忙しさだった。その5倍の婚礼があるとしたら、料理や給仕の人たちの忙しさはどれほどだったか、想像もつかない。
しかも当時は当然着物。料理や荷物を持っての上り下り、大変だっただろうな。

資料によると「女中は住み込みで、毎月仕事着の着物、草履が新調された。女中はお茶やお花、裁縫まで教育され、『嫁は雅叙園の女中さん』といわれるほどだった」らしい。そんな女中さんたちが、日々忙しく立ち働き、ぴかぴかに磨きあげてきたからこそ、今もこの階段のツヤが保たれているのだろう。
きりりとたすきをかけ、雑巾で一心に床を磨く女中さんや、忙しく料理を運ぶ女中さんの姿が、今にもそこここに見えるような気がする。
ここにもやっぱり、宴会や婚礼を楽しむ人や、忙しく働く人たちの声や音までもが残っている。保存されているのは、雅な美術品や建具だけではなく、そこにあったハレの日の暮らしや息づかいだ。
d0182852_11231383.jpg

[PR]
# by dodo-55 | 2012-07-27 11:35 |