タグ:トマト ( 3 ) タグの人気記事

日曜日の遅めの朝ごはん

 久しぶりに、息子の野球の試合も練習もない日曜日の朝。9時までぐっすり寝た。
遅めの朝ご飯は、シリアルとトースト。
d0182852_15111073.jpg

コーンフレークには、牛乳と炒りぬかをかけて。
母が最近ラジオで聞いて、「これを食べると調子がいい」とハマっているのが、炒りぬか。ぬかをそのまま食べるなんて~と思っていたのだが、母が20分ぐらいかけてフライパンでぬかを炒っているときの、なんともいえない香ばしい香りに私も試してみた。温めた牛乳に混ぜて、カフェオレならぬヌカオレもおいしいのだ。

トーストには、自家製バジルペーストとトマトとチーズをのせて。
バジルペーストは、夏に採れすぎたものを、刻んでニンニクとオリーブオイルと共にミキサーですりつぶし、空瓶に入れて冷凍保存してある。

トマトスープは、お手伝いしているトマト農家からもらってきたチビトマトで作ったもの。
ハウスで育つトマトは大玉なのだが、小さいうちに色づいてしまうものがある。見た目はミニトマトのようだが、酸味が強く、そのまま食べてもおいしくない。もちろん出荷できないし、捨てるのももったいないので、ときどき溜まると大量にいただく。
d0182852_15213965.jpg

へたを取ってザクザク切り、コンソメの素を放り込んで煮込み、トマトソースに。
パスタにからめたり、ポークチャップのソースに使ったり。
今朝はスープにしてみたが、酸味が強い!ので、息子はイヤがった。
昔、スペインで食べたsopa de ajo(にんにくのスープ)もこんなだったな。今度、大量にニンニクを入れてみようか。でも、朝食にはきつすぎるか?
[PR]
by dodo-55 | 2012-12-10 14:54 | 食べ物飲み物

トマト七変化

暑さとともに、上賀茂から振り売りに来るおばちゃん(なかちゃん)の夏野菜も勢いを増してきた。
真っ赤なトマトに瑞々しいキュウリ、ナスにサンドマメにエダマメ。やっぱり、朝採りの露地ものはちがう。
ときどき、「売り物にならないから」と割れトマトもおまけにいただく。私は「割れ」なんてまったく気にしないので、そのまま食べてしまうのだが、たくさんあるときはソースにしたり、ジャムにしたり。
いつもおまけをたくさんもらっているので、お返しにトマトジャムをなかちゃんにあげた。
すると、「ジャム、美味しかったからまた作ってね」とまたまた、割れトマトをいただいた。

先週、久しぶりに新風館のTAWAWAでランチを食べたとき、野菜バイキングのコーナーにきれいなオレンジ色のシフォンケーキを見つけた。ニンジンかな…と思ったら、トマトのケーキだった。
割れトマトでジャムばかり作るのもなぁ…と思っていたので、今回はシフォンケーキを焼くことにした。トマトはジューサーでつぶし、液体状になったのを水の替わりに混ぜ、小麦粉の量を少し多目にして焼いてみた。まったくの目分量だったが大成功!
d0182852_156534.jpg

ふんわり、しっとりオレンジ色に焼き上がった。ほんのりトマトの香りがして美味しい。
昨春焼いてみたよもぎシフォンは、これでもか!というほどヨモギを入れてみたが、色はきれいながら、卵の甘い香りが勝ってヨモギの香りがあまりしなかった。
d0182852_151268.jpg

d0182852_1512282.jpg

ヨモギはやっぱり餅に限る…とそれ以来作っていない。
でも、トマトはいける。ただし、夏のケーキは「口の中がもそもそする」と、息子にはあまり人気がない。アイスでものっけて、夏のデザートらしくするか?
[PR]
by dodo-55 | 2011-07-23 20:45 | 食べ物飲み物

トマトの一生

時々お手伝いに行っているトマト農家さんで、1期目の収穫が終わった。
ハウスの水耕栽培なので、お正月過ぎに定植した苗が7月まで次々に実をつけてきたが、今週最後の実を収穫したあと、半年間の役目を終えた株を根元から切り、すべてハウスから出した。

今年の1月初め、黄色い星型の小さな花をつけた苗を定植したとき、ハウス内に並ぶ黄緑色の苗の列は、新生児室に寝かされた赤ちゃんのように可愛いかった。
数ヶ月後、茎はぐんぐん太り、緑の葉が生い繁る中に点々と赤い丸が浮かぶさまは、ハウス内のむっとする暑さとともに、パワーを感じた。

どんどん伸びる茎に合わせ、赤く色づいた実を収穫しやすい高さに調節する「ずらし」という作業は、左手で茎を持ち、右手で吊り下げた紐に留めてあるピンチを茎からはずし、一節か二節上の位置にずらして留め直す。このとき、太く長く伸びた茎と、色づき始めた実の重さで、左手はズシリと重い。途中で茎を折らないように、実や花を落とさないように、慎重に作業しなければならない。

6月半ば。成長を止めるために先端の芽を切る作業をした。「ずらし」の要領でピンチをはずすと、手に持った茎は驚くほど軽い。葉はほとんどが枯れ、実もまだいくつかついているのだが、精根尽き果てた感じ。腰が曲がり、一回り小さくなった老人のようで、何だか寂しい。

すべての株を廃棄するとき、茎にはまだ青い実や少し色づいた実がついているものもある。
昔見た映画に「フライドグリーントマト」というのがあった。きっと、食べられるんだろうな。
そう思いながら、無意識に実だけはずして、カゴに集めておいた。
d0182852_17592411.jpg

[PR]
by dodo-55 | 2011-07-08 10:47