タグ:針仕事 ( 3 ) タグの人気記事

母さんが夜なべをして…?

「母さんが夜なべをして、手袋編んでくれた」―という歌があるが、昔は縫い物、編み物などは、女の夜なべ仕事だった。家事で一日中忙しい主婦は、家族の着物や洋服を作ったり、繕ったりする時間が、夜しかなかったのだろう。
そういえば、私が小学生だったころまでは、母が新しく作ってくれたスカートは、朝目覚めると枕元に置いてあり、その日はさっそくおニューのスカートでウキウキと学校へ行った覚えがある。破れたりボタンが取れたりした服や、ゼッケンや名札付けを頼んでおいた体操服なども、やはり朝にはできていて、きちんとたたんで置いてあった気がする。

それも今は昔。縫い物、編み物もすっかり趣味の世界になってしまった。
中高生のころには、手芸や編み物が学校でも流行り、友達の誕生日プレゼントを手作りしたり、冬の通学電車で編み物をしている子もよく見かけた。授業の合間に編み物をする子もいて、「誰に編んでるの~」と気になったりしたものだ。

そんな風景も今は見かけない。
趣味で自分や子どもの服やカバンを作る人はいるだろうけれど、夜なべまでする人はほとんどいないだろう。
私はミシンより手縫いが好きで、編み物は苦手。刺繍やアップリケなどの手芸は、小学校のころから続けている。と言っても、この10年くらいは、糸と針を持つ時間はほとんどない。息子のズボンの膝に次から次へと穴が開くので、膝あての布を縫い付けるときくらいか。

100均で売っていた、アイロンで簡単にくっつく膝あてを使ってみたが、すぐに取れてしまってまったく意味がない。結局ハギレを丸く切ってまつり縫いするのが、一番丈夫だ。それでも、その膝あてもすぐにすり切れ、再度上から当て布をすることになる。
d0182852_21395640.jpg

浴衣のハギレや古くなった私のGパンの一部など、いろんなきれを使っている。
たいていは丸い形にしているので、その上から「へのへのもへじ」やハートマークを刺繍してみたり、ちょっと遊んだりもしていた。

そんなズボンを、今まで何も文句を言わずにはいていた息子だったが、最近、「母ちゃん。ハートはやめて」だの、「なんでこんな色のきれ使うの。ズボンと同じ色のにして。目立つやんか」だの、いろいろ言い始めた。
「おんなじ色のハギレがなかなか、ないねん」と言い訳をしつつ、今どきこんなに何回も繕ったズボンを嫌がらずにはいている息子に、少々申し訳ない気持ちも。

この前、大きく穴が開いた靴下を捨てようとしたら、「え~!何で捨てるん?縫ったらまだはけるやん」と怒られてしまい、靴下ぐらいえぇやん…と、繕うのがめんどくさかった私は反省させられた。
d0182852_21522113.jpg

そんな息子は最近毎晩、ミシンで雑巾を縫ってくれている。家庭科で習い始めてハマッタらしい。いつか雑巾に…と思ってためておいた古いタオルが、どんどん雑巾に生まれ変わっている。半纏着て、コタツにミシン置いて、昭和の雰囲気さえただよう、冬の夜。
坊ちゃんが夜なべをして、雑巾縫ってくれた~なのだ。
[PR]
by dodo-55 | 2011-11-28 20:43 | 家事・家仕事

つくろいもの

息子が持ち帰った給食エプロンの袋に、「エプロンの補修をお願いします」というお知らせの紙が入っていた。ボタンが取れかけている部分が一ヵ所。帽子のゴムも付け替え用が添えられていた。
給食エプロンはクラスのPTA委員さんがチェックしたあと、各家庭で補修をすることになっている。
月曜には持っていくので、土日の間にやらなければならない。ついでに他の繕いものも片付けてしまおうと、部屋の隅に積み上げてあった、穴あき、ゴムのび、すり切れズボン一式をどっさりと運ぶ。

それにしても、どうしてこう次から次へとズボンのひざに穴が空くのか。
少々のすり切れは、見て見ぬふり。ぱっくり口が開いたらタンスにしまわず、繕いもの置き場へ。
見つけたときに直せばいいのだが、明日やろう、週末にやろう…と思っているうちに、どんどんたまっていく。ボタンのとれたシャツ、穴の開いた靴下、ひざが見えるズボン、ゴムの伸びたパンツ…。
縫いものがきらいなわけじゃない。針と糸の時間は大好きだ。
お針子用具はいつでも使えるように机の上にセットしてある。
以前はもっと、ちゃっちゃと片付けてしまっていたはずなのに…。

繕いものを後回しにするようになったのは、携帯やパソコンのせいかもしれない。
メールのチェックや返信、ブログの更新などを毎日ちょこまかやっている時間が、繕いものの時間を奪ってしまっているような気がする。
無意識のうちに、日々結構な時間をそれに費やしているようで、気づけば「もうこんな時間!」ということもよくある。
昔はパソコンや携帯を使うことはなかったし、その分本を読んだり、繕いものをしたりしていたはずだ。
便利になって時間的余裕ができたようでいて、無駄に時間を使っているだけなのかもしれない。
読書や縫い物は時間はかかるが、その時間にやっただけの結果が見える。前に進んだという手応えがあるのがいい。

まぁ、今どき穴をかがったり、膝あてをしてまで衣類を着続けることもないのかもしれないが。
そんなことを考えつつ、チクチクと縫い針を進める。
目の前には、お気に入りのちりめんの針山を置いて。d0182852_21134840.jpg
[PR]
by dodo-55 | 2011-02-07 11:38 | 家事・家仕事

針と糸の時間

友人が習っているパッチワーク教室のキルト展を見に行った。
50数点の色とりどりの幾何学模様が、会場の壁面を飾る。
150~200cm四方の大作ばかりで、どれもこれも個性的。
(写真撮影禁止だったので、画像なしで作品を語るのは難しいが)

大きな作品なのに、模様を構成している布は小さく、それらを一つ一つ縫い合わせた針目は細かく規則正しい。これだけのものを仕上げるには、相当の根気と時間がいるだろうなと感心しつつ、作品に添えられたタイトルと作者からのメッセージを読んだ。

『思い出がいっぱい』という作品は、小さな菱形の布を6枚組み合わせた風車のような形がキルト全面を埋め尽くしている。200個ほどの小さな風車がくるくる回っているかのよう。
「いつの間にか沢山になった布たちは、どれもいとおしく、小さくても捨てられません。
小さな菱形はもうたくさん。角がきれいに仕上がらず、イライラの連続でした。
でも、離れて見ると悪くない!」

これだけの数、大変だっただろうな。作者の言葉に共感。

「パッチワークを習い始めて、初めての大作。猛暑の中、キルトを刺すのはもう、めげそうでした。作品は汗と涙の結晶です」
「大きな作品は初めて。大きさにとまどい、キルトとひと夏一緒に過ごしました」

暑かった夏の日も、ひたすら布と格闘されていたのがわかる。
それでも、チクチク針を動かす時間は、かけがえのない時間だったのだろう。

「キルトの完成が見えてくると、家事に追われながらもまた、今年の夏の暑さも忘れさせてくれました」
「布に振り回され、何度も挫折しそうになったけれど、一歩一歩できる喜びを感じ…」
「何も考えずに無心に針を運ぶ時間の幸せ感と、仕上がったときのうれしさは、何ものにも変えがたい」
「明るい色にも元気をもらい、ただただ重ねる針を進めていくのは、心が落ち着き、セラピーのようです」

教室の生徒さんはおそらく、仕事や家事や子育てに忙しい、家庭の主婦が多いのだろう。
作品に添えられたコメントから、作った人それぞれの人生が垣間見える。

「この作品を作っていたときは、私の人生で一番つらいときでした。いろんなことを乗り越えられたのも、このキルトのおかげ。赤い色にも励まされ、沢山の元気をもらいました」
「50代を迎えて、母との永遠の別れ、娘の自立、夫婦の時間…。これから先の自分にあてて、明るい気持ちで花束をささげよう」
「メガネ(老)をかけて初めての作品。メガネと共に、2枚目、3枚目と作品が増えていくことでしょう」
「薄青から濃青へ。幼年から少年へ飛び立っていくR君へ。祖母から願いを込めて」
「主人も物忘れがひどくなりましたが、教室の日には気持ちよく留守番をしてくれます。教室では長年お世話になっているけれど上達せず…。一番の理解者である主人がいつもほめてくれます」
「教室へ出かけるとき、毎回子ども達2人でしっかりお留守番をしてくれていました。母の趣味のために協力してもらって、感謝。子どもには何も残してあげられるものはありませんが、素敵なキルトを残せたら」

単純な幾何学模様に見えるが、布の色や模様で、自分の気持ち、家族への想いを表現している。
忙しい中での貴重な時間。小さな布を一針一針縫い合わせながら、楽しいこと、悲しいこと、うれしいこと、つらいこと、いろんな想いを合わせているのだろう。

子ども達への感謝の気持ちを表現していたのは、私の友人。素敵なお母さんになったなぁ。
彼女とは独身のころ、一緒に手芸教室に通っていた。
当時は刺繍、アップリケ、パッチワーク、刺し子、ビースやミラー、リボンを使った手芸など、いろいろな作品を作っていたが、お互い結婚して子どもができて、教室もやめてしまった。

友人はパッチワークが特に好きで、今も教室へ通っている。
私はといえば、仕事ともう一つの趣味であるスポーツに忙しく、子どもの破れたズボンの膝の繕いや給食用ナプキンに刺繍を刺すぐらい。
d0182852_1736397.jpgd0182852_1737069.jpg










でも、針と糸でチクチクやる時間は好きなので、いつでも使えるよう、裁縫道具は常に見えるところに置いてある。
今年の冬は久しぶりに部屋にこもって、何か作品を作ろうかな。
彼女をはじめ、素敵なたくさんの女性たちの作品を見たあと、針と糸の時間が恋しくなった。
[PR]
by dodo-55 | 2010-11-02 16:28 | 作品展・個展